任意売却|広島県呉市の不動産売却

住宅ローンが払えずお悩みの方、不動産を高く売却したい方、不動産を早く現金化したい方

不動産無料査定はコチラから TEL:0823-27-3110

menu

任意売却

滞納期間が短い段階で任意売却を!

日本経済の不調が続く今、リストラや賃金カットなどさまざまな状況の変化により住宅ローンの返済が難しくなり、住宅ローンによる家計の破綻に陥る世帯は決して少なくありません。このような状況を打開する策として、任意売却が挙げられます。こちらでは、広島県呉市の「株式会社エイトホーム」が、任意売却について詳しくお伝えします。

このようなお悩みありませんか?

住宅ローンの支払いが厳しい……
ローンの支払いが滞っている……
金融機関から督促状が届いた……
金融機関から一括返済の請求を受けた……

住宅ローンの返済が何らかの理由により滞った場合、滞納が続くと裁判所に物件を差し押さえられ、競売にかけられてしまいます。競売は市場価格をかなり下回る価格で売却される傾向にあり、その売却価格では残債がまかなえないケースがほとんどです。競売を回避し少しでも有利に売却を進めるために有効なのが「任意売却」です。

任意売却とは?

任意売却とは、不動産会社がお客様(債務者)と金融機関(債権者)の間に入り、両者合意の上で、双方が納得する価格で不動産を売却することです。競売は裁判所が介入するため、強制的で融通の利かない手続きとなりますが、任意売却は両者が納得した上での売却なので、売却金額や明け渡し時期などの融通が利きます。

任意売却が可能な期間

5ヵ月以上滞納すると競売が開始されます。競売が開始されれば任意売却はできません。

競売と任意売却の比較

競売にかけられた場合 任意売却の場合
売却価格 競売による売却最低価格は市場価格の3~5割と安く設定されています。どのような売却価格であっても強制的に売却されてしまいます。 任意売却の場合、市場価格とほぼ同じ価格で売却でき、お客様(債務者)の合意を得た上での売却になります。
残債の支払い 残債の返済方法を交渉できず、売却後も無理な支払いを強いられる可能性があります。 任意売却でローンを完済できなかったとしても、債権者も納得の上での売却なので、残債に対して柔軟に対応してもらえる傾向にあります。月1~2万円の返済で了承してくれるケースもあります。
周囲に知られるリスク 競売物件として国が運営する、不動産競売物件情報サイト(BIT)や新聞、広告に情報が公開され、他人に状況が知られてしまう可能性があります。 任意売却は一般の中古物件の売買と同様の扱いになるため、周囲に知られる心配はありません。
引っ越し時期・費用 落札者が決定した場合、その都合によって即刻の立ち退きを余儀なくされることがあります。立ち退きに必要な費用は支払われません。 債権者との話し合いにより、ある程度引っ越し時期の融通が利きます。また、不動産売却の代金から引っ越し費用を捻出してもらうよう交渉することができます。
≪Pick Up!≫ 競売にかけられる前に任意売却を!

今現在、住宅ローンの返済が滞っている場合でも、競売にかけられる前に任意売却を行えば、売却の際に融通が利き、残債を最小限に抑えることができます。滞納1~4ヶ月であれば、まだ任意売却は間に合います! 早めに任意売却をご決断ください!

不動産無料査定はコチラ

TEL:0823-27-3110

営業時間 : 9:00~18:00
休業日 : 水曜日
〒737-0051 広島県呉市中央1-9-3

会社ブログ

お知らせ

EitoHome